困った貴方に救いの手を|鳩の被害にあわないためには対策が重要

ハチの生態を理解すること

スズメバチ

要点を抑えて

秋になると、毎年のように、あちこちでハチに関する被害が報道されるようになってきますが、一向に収まる気配がありません。特に、ハイキングなどの野山を通る際には、近くに巣があることに気が付かず、知らずに近寄ってしまい、被害にあうことが多くなっています。いつも通らない場所を通過するときには、ハチの警戒音とされる羽音を耳にしたときには、周囲を見回し、危険はないかを感じることが重要です。こういったところには近づかないことが第一ですが、これが自宅周囲で起こると、放っておくわけにもいきません。場合によっては命にかかわる事態になる可能性もあることから、何らかの形でハチ駆除を行い、不意の急襲に備えておく必要が出てきます。

早めの対処が吉

ハチは、夏ごろまでは、周囲にあふれかえっている虫を捕獲し、餌として、巣の発展に貢献しています。しかし、秋も深まってくると、急激に虫の数が減り、夏のように餌の虫を捕獲することができなくなってくるのです。しかし、巣では次世代の女王蜂を育てる必要があり、巣も大きくなることで、たくさんのハチであふれた状態になります。そういった時期に、ハチ駆除をしようとすると、危険性も増してくる傾向に有ります。ですから、できることであれば、巣が小さいうちにハチ駆除を行うことが、賢明な方法といえるのです。しかし、気が付くのが遅かった場合は、後悔している暇はないため、専門のハチ駆除業者に依頼をして、早々に除去してしまうことが必要です。ハチ駆除業者へ依頼する時には、電話での問い合わせやメールでの問い合わせを利用すると良いでしょう。ホームページや電話帳を利用するとすぐに駆除業者の情報を得ることが可能です。地域によっては、市役所の総合案内などに問い合わせを行なうと、駆除に関する相談を行なうこともできます。